当前位置: 芸能网 > 芸能资讯 > 正文

中日双语 | 知否,知否?宫廷过年节奏

2019-02-02 14:31 18

今年春节哪最火,故宫过年别错过。

据悉,从1月8日到4月7日,“紫禁城里过大年”展览将在故宫午门和东西雁翅楼举办,这是故宫博物院史上占用面积最大的一次展览。

1月8日から4月7日まで、展覧会「紫禁城で過ごす旧正月」が故宮入り口の午門とその東西両側にある雁翅楼の展示ホールで開催され、これは故宮博物院の歴史上、最も広大な面積を使った展示である。

宫灯陈列

游客观摩五代皇帝书写的福字

人们可以在“祈福迎祥、祭祖行孝、敦亲睦族、勤政亲贤、游艺行乐、欢天喜地”六大主题中,通过欣赏885件(套)文物全面领略清代宫廷的过年习俗。其中包括岁朝图、宫灯等富于宫廷特色的器物,以及康熙、雍正、乾隆、嘉庆、道光五代皇帝书写的福字尽显皇家过年的气派。

除了展厅内的文物展陈,整个紫禁城开放区域都属于展览的实景体验部分。道道宫门都挂了门神、春联,乾清宫和皇极殿廊庑下装饰着华美的宫灯。

1月28日起,还有来自山东、北京、上海等10个省市的145家老字号企业,在慈宁宫花园、慈宁门外广场和隆宗门外广场上举办“宫市”活动,大家可以观赏到富有浓郁地方特色的产品和独特技艺,还能品尝传统小吃和特色美食。

1月28日からは、北京市、上海市、山東省など10省(直轄市)から145社の中国老舗企業が慈寧宮花園と慈寧門前の広場、隆宗門前の広場でイベントを開催する。各地方の特色ある特産品や郷土芸能、伝統的なB級グルメや名物料理などを楽しむことができる。

这次展览不但可以让大家感受到皇家过年的气氛,还能为我们普及很多传统过年习俗。其中有些内容更是出乎我们的意料。

更多精彩

1

门神中竟然有女性!

门神的起源与神荼、郁垒的传说有关。汉末已有年底将二神形象贴在门户左右的风俗。后来逐渐演化出将军门神、天官赐福门神、童子门神、仙姑门神等。受民间故事影响,以秦琼与尉迟恭作为将军门神最为常见。

春節期間中、中国では「年画」と呼ばれる絵を家の門に貼る習慣がある。その年画に描かれている「門神」の起源は、二人の神「神荼{しんと}」「郁塁{うつるい}」の伝説と関係がある。漢代末にはすでにこの二神像を家の門に貼るといった習慣があった。その後、だんだんと将軍の門神や天官の門神、童子の門神、女仙の門神なども増えていった。民間伝説の影響を受け、唐代に実在した二人の武将、秦瓊{しんけい}と尉遅恭{うっちきょう}が描かれた門神が最も一般的である。

将军门神

将军门神一般用在朝向大街的大门,在宫廷里则是用于外朝。将军门神画所用的金箔、金泥和各种颜料是最多的,而且多用精致的矿物质颜料。

天官赐福门神

童子门神

天官赐福门神更偏向祈福纳祥的涵义,主要悬挂在内廷;童子门神也叫娃娃门神,多挂在后妃寝宫,两人分别拿着谷穗和珊瑚,寓意“吉祥”。

仙姑门神

此外,由于清朝时满族女性的社会地位比较高,所以仙姑门神成了清宫的特有门神,她们身后背着装满寿桃的竹篮,寓意“福寿双全”。

2

压岁钱没法花!

每年过年,小朋友们最期待的就是收压岁钱了。

在古代,压岁钱并不是真的货币,而是造型别致、寓意吉祥的特制钱币。梅花鹿是传统的吉祥物之一,因它与“禄”谐音,含“高官厚禄”之意,故深得读书人喜爱。压岁钱上常刻梅花鹿,寄托着长辈对晚辈的殷切期望。

昔は、中国のお年玉「圧歳銭」は本物の貨幣が使われていたわけではなく、形が特殊で、縁起のいい意味が込められた特製の貨幣が使われていた。中国語の「鹿」の発音と高い地位や高い給料を表す「禄」の発音は同じため、シカは伝統的な吉兆のシンボルの一つとして知識人たちに愛されてきた。「圧歳銭」の表面にはシカが彫られ、年長者から子どもへの切なる期待が込められていた。

清代皇子们的压岁钱

以上说的是寻常人家的压岁钱,清朝大户人家和皇族孩子的压岁钱就不同了,那可是真的金银锞子。当然它们也是特制的,与市面上流通的金锭形状不同,表面会铸有富贵图案或吉利词。金银锞子虽不流通,但由于是金银所制,与现在的金条、银条类似,在古时也只有富贵之家才散得起。

3

皇帝正月初一就要上班!

古时候的春节假期,各朝有各朝的规定,但只针对政府官员。唐代新年按“元正前后各三日”放假,也就是以大年初一为中心,前后共七天。宋代《文昌杂录》记载:官吏休假,元旦、寒食、冬至各七日。明代“国朝正旦节放假五日,冬至三日,元宵十日。”

复原的 “明窗开笔”场景

清朝官府会在腊月二十前后将官印封存起来,停止办公,元宵节之后再“开印”。但据《清史稿》记载,皇帝们通常在腊月二十六日开始放假,称为“封玺”“封笔”。正月初一就要重新上班,称为“开玺”“开笔”。像雍正这种工作狂,更是12年全年无休。

清朝政府は、旧暦12月20日前後に官印を密封することで仕事納めとし、旧暦1月15日の元宵節の後に「開印」することで仕事を再開するようにしていた。しかし『清史稿』の記載によると、皇帝たちは通常、旧暦12月26日になると「封璽」「封筆」(つまり皇帝の玉璽と筆を密封して保存すること)と呼ばれる休暇に入り、旧正月1日目には仕事を始めなければならず、仕事始めは「開璽」「開筆」といわれた。その上、仕事中毒者だった雍正帝は12年間無休だった。

此次故宫展览复原了自雍正开始的大年初一“明窗开笔”的景象。

今回の故宮の展覧会では、雍正帝の頃から始まった、旧正月の元日に皇帝がその年初めて公文書などに筆で文字を書く「明窓開筆」の様子も再現された。

金瓯永固杯

皇帝在东暖阁明窗设案,案头陈设金瓯永固杯,内装屠苏酒。皇帝亲手点燃玉烛,手握笔端称“万年青管”、笔管刻“万年枝”的专用笔,在吉祥炉和香炉上熏炙片刻,然后开始写吉字。雍正以后,历朝皇帝均沿袭此典,遂成清代定制。

除此之外,大家在故宫还有哪些关于过年习俗的新发现呢?快留言告诉我们吧!

欢迎 发表评论:

Copyright © 2018 芸能网